カルバマゼピンはてんかん症状に効果のある成分です。そのほかにも鬱病などの気分障害の治療でも使用される薬です。有能なカルバマゼピンについて詳しく紹介します。

記事一覧

てんかんは、年齢に関係なく、幅広い年代で発病します。 ただ、子供に多い病気のひとつでもあります。 子...

てんかんは、日本ではよくある病気のひとつです。 乳幼児から高齢者まで、様々な年代の人がてんかんの発作...

カルバマゼピンはてんかん、統合失調症、三叉神経痛の治療に用いられる薬です。 テグレトールという商品名...

カルバマゼピンとはてんかんの発作を予防する薬で、脳神経の興奮をしずめる事で、てんかん発作をコントロー...

患者と話している医者

ピラセタムは、けいれん発作を予防する薬です。ミオクローヌス発作などの治療に使います。 ミオクローヌス...

患者を診ている医者

特に子供に多いてんかんの症状ですが、大人でもこの症状に悩む人はたくさんいます。 突然の発作に備えて、...

薬と葉

カルバマゼピンは、てんかんの発作を予防する薬で、躁鬱病の治療や神経痛の症状の緩和にも有効になっていま...

カプセルと花

躁病とは精神障害の気分障害に分類される病気のことを言います。 精神的に興奮状態となって支離滅裂な言動...