カルバマゼピンはてんかん症状に効果のある成分です。そのほかにも鬱病などの気分障害の治療でも使用される薬です。有能なカルバマゼピンについて詳しく紹介します。

カルバマゼピンと鬱病

薬と葉

カルバマゼピンは、てんかんの発作を予防する薬で、躁鬱病の治療や神経痛の症状の緩和にも有効になっています。
働きとしては、脳神経の興奮を鎮める作用があり、それによって、てんかんの発作を予め予防できるわけです。
特に部分発作に効果が高く、様々な運動障害のほか、感覚異常や自律神経失調症、精神変調や精神無反応に適用できます。

全般発作においては、強直間代発作に適用できますが、欠伸発作やミオクロニー発作、そして脱力発作に関しては、効果が薄いと言われています。
脳の神経を鎮めることで、気分の高まりを抑えることが出来、躁病やうつ病の他に、様々な精神疾患の不安症状を改善することに繋がります。
三叉神経は顔の知覚を伝達する神経ですが、この神経に起因して三叉神経痛が生じます。
発作性激痛性が特徴となっており、一般的に持続時間は短くなっています。

カルバマゼピンには、三叉神経痛の緩和効果もあり、三叉神経を鎮めることで、激しい痛みを抑えることが出来ます。
この作用は、統計上、半数以上の患者に有効になっていますが、服用期間が長くなると、効果が薄れるケースもあります。
歴史が長い治療薬になっており、症状緩和の第一選択薬になる場合が多いものです。
そして、安定した効果が得られるので、神経痛の治療にも用いられているわけです。但し、重い血液障害やアレルギーを持っている人は、服用に適さない場合があるので、注意が必要です。

また、他の薬との飲み合わせとしては、抗真菌薬のポリコナゾールや肺高血圧症治療薬のタダラフィルなどとの併用は禁止されています。
食品との飲み合わせでも、グレープフルーツ類は極力摂らないことが大事です。
飲み合わせてしまうと、薬の血中濃度が上昇するので、副作用がでやすくなるからです。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ