カルバマゼピンはてんかん症状に効果のある成分です。そのほかにも鬱病などの気分障害の治療でも使用される薬です。有能なカルバマゼピンについて詳しく紹介します。

カルバマゼピンと躁病

カプセルと花

躁病とは精神障害の気分障害に分類される病気のことを言います。
精神的に興奮状態となって支離滅裂な言動を発したり、怒りっぽくなったりしてしまう病気です。
逆に気分がひどく落ち込んでしまう状態と躁状態を繰り返す場合もあり、これを躁うつ病と言います。

この躁病の原因としては脳神経の興奮状態が挙げられます。
この躁状態を抑えるためには脳の興奮状態を抑える必要があります。
このために使用される薬の1つにカルバマゼピンというものがあります。

カルバマゼピンは神経細胞の表面に存在するナトリウムチャネルの機能を阻害します。
ナトリウムチャネルはナトリウムイオンが細胞内外を行き来するための交通路のようなもので、普段は閉じられた状態となっています。
しかし脳神経が興奮状態となるとナトリウムチャネルは開口します。ナトリウムイオンは細胞内濃度が細胞外濃度よりも低いため、ナトリウムチャネルが開くと細胞外から細胞内へ流入しようとします。
神経細胞は普段は細胞内がマイナスの電荷を帯びていますが、プラスの電荷を帯びたナトリウムイオンが流入することで細胞内がプラスに転換します。
これを脱分極といいます。この電気状態の変化こそが脳神経の興奮なのです。

つまりカルバマゼピンの使用でナトリウムチャネルの機能を阻害することによって神経細胞が興奮できなくなり結果として躁状態を改善することが期待できるのです。
またてんかんの持病のある方で躁状態の精神症状が発現することもありますが、このようなてんかん由来の躁状態に対しても治療効果が期待できます。
しかし前述のとおり躁状態とうつ状態を繰り返す躁うつ病の方に使用するとうつ状態を悪化させる恐れもあるので注意が必要です。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ