カルバマゼピンはてんかん症状に効果のある成分です。そのほかにも鬱病などの気分障害の治療でも使用される薬です。有能なカルバマゼピンについて詳しく紹介します。

  • ホーム
  • てんかんでわがままに?カルバマゼピンとザジテン

てんかんでわがままに?カルバマゼピンとザジテン

カルバマゼピンはてんかん、統合失調症、三叉神経痛の治療に用いられる薬です。
テグレトールという商品名が有名となっています。
この薬は脳内の神経細胞のナトリウムチャネルの機能を阻害します。
神経細胞はナトリウムチャネルが開口し、ナトリウムイオンが細胞内に流入し、脱分極することで興奮状態が起こります。
脳の興奮状態が起こるとてんかん、統合失調症、三叉神経痛の症状が発現しやすくなるため、カルバマゼピンはナトリウムチャネルの封鎖によって脳の興奮状態を抑え、これらの症状を改善するのです。

てんかんの症状の1つにわがままになるなど性格面での変化が挙げられます。
これは脳が興奮することによってけいれん以外に性格面も攻撃的となってしまうために起こります。
これを躁状態といいます。
カルバマゼピンはこのてんかんに伴う躁状態の改善にも効果があることが証明されています。
てんかんの方で、このような性格の問題で困っている場合には飲んでみるといいでしょう。

またてんかんの方のザジテンの服用に関してですが、ザジテンはヒスタミン受容体をブロックすることで、アレルギー性疾患の治療に主に用いられます。
適応症はアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などです。
ただこの薬は脳内に移行し、脳内のヒスタミン受容体もブロックしてしまいます。
脳内でヒスタミンがヒスタミン受容体に作用することでけいれんが起こりにくいようにしています。
しかしザジテンによってヒスタミン受容体がブロックされてしまうと、てんかんのけいれん発作が起こる閾値が低下してしまい、けいれん発作が起こりやすい状態になってしまいます。
このことからザジテンはてんかん患者には禁忌となっています。
万が一誤って服用してしまった場合にはカルバマゼピンはザジテンが原因となったけいれん発作の治療に有効です。