カルバマゼピンはてんかん症状に効果のある成分です。そのほかにも鬱病などの気分障害の治療でも使用される薬です。有能なカルバマゼピンについて詳しく紹介します。

News
葉の上にあるピンクのカプセル

カルバマゼピンは1957年に作られ、てんかんに効果のある薬、テグレトールの成分です。
海外では1963年にはてんかんの治療薬として販売され、日本では1966年から利用されているので薬の中でも比較的古くから利用されている成分となります。
その精神作用について説明をすると、ナトリウムチャネル阻害作用がある事が知られています。
このように説明しただけでは知らない人だと分かりにくいので、脳の神経の伝達の仕組みについて述べます。

脳の神経というのは電気信号によって情報の伝達が行われています。
その電気信号を送るためには神経細胞にイオンを取り込む必要があります。
ナトリウムやカルシウムのような正の電荷をもつイオンを取り込んだ場合は電気的に興奮するよう信号が送られ、塩化物のような負の電荷をもつイオンの場合は電気的興奮を抑制する作用があります。
そして、てんかんというのはこの電気信号の異常によって興奮状態となっているのです。

神経細胞に正の電荷をもつイオンが取り込まれる事によって興奮状態になるには、各イオンに対応しているイオンチャネルを通過する必要があります。
カルバマゼピンはナトリウムチャネル阻害作用があると最初の方で説明しましたが、これはナトリウムイオンが神経細胞内に取り込まれるのを抑制する効果があるという事です。
ナトリウムイオンが神経細胞内に取り込まれないという事は電気的興奮状態を抑えるという事にもなり、そうした作用によっててんかんの症状を抑えられるのです。

また、てんかんだけでは無くて三叉神経痛や躁うつ病の躁状態に対しても有効であるのは、こうした脳の神経細胞に対して働きかける作用があるためです。
カルバマゼピンは同時に副作用が出る事もあり、眠気やめまい、頭痛といった症状以外にも稀に重篤な症状が出る事もありますので、取り扱いには十分な注意が必要となります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ